剪定や庭の雑草対策によってペットに影響のないお手入れができます

愛犬に影響のないお庭のお手入れ方法を教えます 愛犬に影響のないお庭のお手入れ方法を教えます

庭の雑草対策をする時はペットへの影響も考えよう

ネコ

庭の雑草対策及び選定を行なう場合、飼っているペットへの影響を考えに入れて行なわなければなりません。雑草を効率的に処分する方法の中には、ペットに悪影響を与えるかもしれない方法があるからです。

ペットに配慮した庭の雑草対策って?

ペットへの影響も考えて薬剤を使わない雑草対策をしたのですが、何がおすすめですか?
防草シートがおすすめです。これは日光を遮断する効果があり、雑草の発芽を抑える事ができます。そのため、雑草を刈り取った後のシートを敷くだけで簡単に雑草対策を行なえます。この方法はまずは雑草を刈り取る必要があるので、まずは雑草を除去しましょう。なお、ホームセンターで防草シートは購入できますが、通販でも高性能の防草シートを購入できます。
薬剤の中でもペットに影響のない安全なものはありますか?
近年開発されている薬剤は、土中で分解されてなくなる性質があるので人体はもちろんペットにも害のないものが多いです。しかし、薬剤すべてが安全というわけではないので、きちんと注意書きを読んでから使用しましょう。なお、「除草剤の代わりに塩を撒くと良い」という話がありますが、実際に塩を撒くというのはあまりおすすめできません。というのも、塩は除草剤と違って土の中に半永久的に残留するため、あらゆる植物が育たなくなる恐れがあるからです。

薬剤によるペットへの影響が心配なら代わりになるものを利用しよう

塩水を撒く
上記で塩について紹介しましたが、植物を枯らすという目的ならば塩水は除草剤以上に効果が期待できます。しかし、使用した場合近隣に生えている植物や作物も枯らしてしまうため、取扱いが難しいです。そのため塩水を使う場合は、今後植物を栽培する予定がない場合のみ使用しましょう。
お湯をかける
表面の雑草を取り除きたいだけならば、塩水や除草剤よりもお湯が有効です。野菜の茹で汁などができた時に、流しに捨てるのではなく庭に撒く事で雑草を枯らせます。しかし、お湯だけでは根っこまで浸透しないため、雑草の完全な根絶は難しいです。とりあえず目に見えている場所だけ枯らしたい場合に使用すると、効果を発揮します。
砂利や砕石を敷く
雑草を処理した後に、砂利を敷く事で雑草の発生を妨げる事ができます。砂利を敷くことで、雑草が発芽する隙間をなくせるからです。一度砂利を敷けば少なくとも3年は生えないとされています。しかし、数年経つと石の重みで沈んでしまうので土が露出しやすくなり、そこから雑草が生えてしまうのでこまめな処理が必要になります。

剪定しておくことでペットも快適な生活ができる

雑草だけではなく、庭木の剪定もする必要があります。木というのは常に成長を続けており、その成長を放置するとかえって育ちにくくなるだけではなく、見栄えも悪くなります。逆に剪定をきちんと行なう事で、家の見栄えは格段に良くなります。

剪定をするメリットって?

剪定を行なうメリットは、まず見栄えの改善です。剪定によって長さを切りそろえる事で木の見た目は美しくなります。他にも、余計な枝葉を切り落とす事で病害虫が発生しにくくなります。その結果、木が弱る事もなく、すくすくと成長します。庭木の剪定をする事で庭のスペースも広くなるのでペットものびのびと過ごしやすくなります。このように、剪定は様々なメリットを生んでくれるのです。

TOPボタン